ルノルマンカード意味一覧

ルノルマンカード 意味一覧表です。

基本的な意味を簡潔にまとめました。


ルノルマンは単体の意味だけではなく、周囲のカードとのコンビネーションが大切ですので、基本意味だけではなく合わせた時のイメージを大切にしてください。


■ルノルマンカードとは

19世紀後半に一世を風靡した女性占い師マドモアゼル・ルノルマンにあやかってつけられたカードの名前。

ただし彼女はルノルマンカードは使用していないといわれている。

彼女の死後、最初の36枚のルノルマンカードが1846年発売。

その前に1799年に発売された「希望のゲーム」(「鵞鳥のゲーム」というボードゲームを元にしていると思われる)という

遊び用のトランプカードと現在のルノルマンカードの

絵柄と酷似していて、ルノルマンカードの元ネタではと言われている。

またその直前に出版された「コーヒー・パック」という占いカードも参照されている可能性もある。

■ルノルマンカードの読み方のコツ

日常的な物を象意にしていて分かりやすい。質問者のイメージも引き出しやすい。

コンビネーションリーディングが大切になりますので、二つ、または三つの組み合わせから連想されるイメージを大切にしてください。

またルノルマンはタロットに比べてイマジネーションの幅が広いです。

本人のその象意に対してのイメージも加味できますので、必ずしもテキスト通りではなくても、

自分はこの象意にはこういうイメージがある、というものがあれば、それはリーディングに追加して大丈夫です。

基本的な象意の意味やスプレッドの読み方はありますが、ルノルマンは個人の自由に読んでいいよという紹介が多いので、

自分なりにしっくりくるやり方や読み方で気楽に使っていくとよいと思います。

■基本ルール

左が過去、右が未来

近いカードのほうが意味が重く、遠いカードほど意味が薄くなる

人物カードと占いたい項目のカードが近いならチャンスは近い、遠いなら道のりはまだ遠いと読む。

また人物カードは、視線が向き合っているかどうかでそちらに意識が向いているかを見る

(正面を向いているカードを使用する場合は加味しない)

■各カードの意味

カードは全部で36枚あります。逆位置はありません。(ただし人物カードのみ正逆を読み視線を参照)

また各カードは占うジャンルを表します。例えば金運=魚、愛情=ハートなど、問いを立てる時のキーカードにして使用します。

➀騎手・・・ニュース、訪問者、メッセージ、吉報、勇気、スピード、スタート、チャレンジ

うれしいニュースやチャンス到来。隣接カードがネガティブな場合は暗いニュースの場合も。

キーカード 出会い、チャンス

②クローバー・・・幸運の訪れ、事態の好転、お守り、ラッキー、チャンス到来、偶然、短期間の幸運

隣接カードのポジティブさをアップさせる。日常のささやかな幸運。短期間の運。

キーカード 幸せのありか

③船・・・旅立ち、海外・未知の人とのコミュニケーション、スピリチュアルや哲学、夢、冒険、チャレンジ、フリーランスの仕事

旅立ちの象徴で、環境の大きな変化、人生の新しいステージ。前に進むしかない。人生を大きく変えるチャンス到来。

キーカード フリーランスなど独立業、旅行、留学、挑戦すること

④家・・・家、家族、身近な人、ホームグラウンド、故郷、原点、安心する場所、不動産

家族や心のよりどころ、アットホームは雰囲気。保守的。インドア。

キーカード 家族、結婚生活

⑤樹・・・健康、安定、堅実な成長、医療、癒し、病気、永遠、疲れ

生命力の象徴。ゆっくりとした成長。長い年月をかけての努力が必要。受け継がれていくこと。

キーカード 健康、医療関係

⑥雲・・・不確定要素、トラブル、一見うまくいっているようで問題がある、一旦停止、横やり、迷い、グレーゾーン、混乱

隣接カードを一時停止させる。見えない不安。雲の黒い部分に隣接すると問題解決に時間がかかり、白い方だと近いうちに良い方向に動く

キーカード 噂、隠し事、不安

⑦蛇・・・隠れた敵(特に女性)、嫉妬、誘惑、裏切り、偽り、悪事、不正行為

隣接カードにネガティブな影響を及ぼす。(ただしコウノトリが近くにあると、知的な女性、再生、に変化)

キーカード ライバル、母、女友達、愛人

⑧棺・・・終了、完了、停滞、潮時、最後、悲しみ、終息

オワリや中断。葬儀や法事、相続。箱の形から何かを片付けるという意味も。

キーカード 遺産、墓、中止の可能性

⑨花束・・・幸福、誰かからの愛情、美的センス、感謝、喜び事、美に関すること

贈り物、喜ばしい出来事、誰かからの祝福。誕生日や記念日。感謝。自分が贈る側の場合も。美に関する仕事。

キーカード 生花店、受賞、プレゼント

⑩鎌・・・突然の危機、何かを切り捨てる、収穫、刈り取る、壊れる

何かが切れる、離れる、突然の出来事。結果を得る。

キーカード 縁切り、離婚、危険、外科

⑪鞭・・・責めを負う、争い、ストイック、喧嘩、罰、厳しさ

不和や厳しい状況。仕事がハード。人間関係のトラブル。

キーカード 喧嘩、弁護士、裁判、ハラスメント

⑫鳥・・・軽いおしゃべり、噂話、一時的不安、複数の間で迷い、コミュニケーション

複数の意味があり。良い情報収集、浅い会話、電話やSNS。時にデマや適当なうわさも含まれる。

キーカード 教師、営業、接客業

⑬子ども・・・子ども、純粋、新しさ、未熟さ

子供そのものと、子供らしさや幼さ、未熟さ、小ささを表す。子供のように楽しむ気持ちが大切。

コウノトリと一緒だと妊娠の意味が強まる。

キーカード 子供、保育士、新人、初めての事

⑭狐・・・嘘、狡賢さ、不正、フェイク、賢さ、装う、演技

賢さや策略。利益を得るためのウソやごまかし。起用で抜け目ない。様子を見る。隠し事がある。

キーカード 妻の愛人、俳優、ヘアメイク、裏切り者

⑮熊・・・権力、庇護、後ろ盾、力、強さ、安定、独占欲、頑固

ヨーロッパでもっとも力強い野生生物。上司や両親など頭が上がらない人。

キーカード 教師、父、上司、格闘家

⑯星・・・希望、遠くの目標、憧れ、スピリチュアル、夢

夢と憧れ、希望はあるが叶えるために努力は必要。インスピレーションやスピリチュアルや幻想を表すことも。

キーカード スピリチュアル、薬剤師、憧れの人、アイドル

⑰コウノトリ・・・移動、変化、妊娠、創造

蛇のネガティブ要素を消す。渡り鳥なので生活の拠点が変わる。進学や就職、心境の変化も。

キーカード 妊娠、引っ越し、改革

⑱犬・・・友情、援助、チームワーク、従順、仲間

犬が飼い主に従順なことから忠誠心や誠実さ。仲間の協力。

キーカード 兄弟、友達、仲いい同僚、ペット

⑲塔・・・公共、規則、努力の末の成功、大人の振る舞い、歴史、堅苦しい、真面目

※タロットの塔とは意味が違うので注意。塔の中は孤独だが堅固で守られている。公的な建物、ビルなど。規則やルール。

キーカード 職場、公務員、学校、塾、政治

⑳庭園・・・交流、グループ交際、社交

人が集まる庭のイメージ。賑やかで楽しい。人間関係が広がる。

キーカード 飲食、イベント、パーティー

㉑山・・・障壁、敵、遅れ、壁、試練。

高くそびえたち障害になる険しい山。人生の課題や高い目標。行き詰まり。プレッシャー。忍耐や積み重ねが必要。

キーカード 障害、不動産、登山

㉒道・・・岐路、転機、選択

選択の時。決断をする。別の道を選ぶ。進路、人生の転機。分岐点。

キーカード 道路、決断

㉓ネズミ・・・損失、徐々に減らされる、紛失、怠惰

ネズミが大切な食料を少し打つ食べてしまうイメージ。小さな被害が少しずつ積み重なるので、放っておかないように。

キーカード 盗難、紛失 ペットのハムスター

㉔ハート・・・恋、喜び、愛情

愛情や、自分の好きなもの。心のありか。絶対的信頼関係。

キーカード 恋愛

㉕指輪・・・約束、契約、ふたりの絆

結婚指輪を表す。固い絆や約束。契約の成就。メリットのあるパートナーシップ。

キーカード 結婚、仕事のパートナー

㉖本・・・秘密、隠れた知識、専門的な知識

知識の象徴。本が閉じられているので秘密の知識。または単純に勉強や教科書。

キーカード 不倫、本、作家、学業

㉗手紙・・・メッセージ、書類、メール、契約書

ネットのメールやSNSも含む。文書(本の知識というより記録文書)。情報。浅く広い知識。何かの知らせ。

キーカード メール、ネット、IT関係、返事

㉘紳士・・・男性 ※デッキによっては2種類入っていて同性愛を占う場合に使う

男性の質問者。身近な男性。男性的、紳士的。

キーカード 彼の気持ち

㉙淑女・・・女性 ※デッキによっては2種類入っていて同性愛を占う場合に使う

女性の質問者。身近な女性。女性的、淑女的。

キーカード 彼女の気持ち

㉚ユリ・・・秘められたセクシャリティ、品格、純潔

蛇のネガティブ要素を遅らせる。貞節と性愛。気品。家系。性的な魅力。

キーカード セックス、タレント、老後

㉛太陽・・・成功、栄光、強運、正々堂々、幸福、楽しい、祝福される

隣接するネガティブカードを打ち消し、ポジティブを最大限に発揮する。現実的な成功。月星と隣接で完璧な成功。

キーカード 成功、昇進、才能、政治、社長、年運

㉜月・・・良い兆し、名誉や賞賛、感受性やインスピレーション、ロマンティック、夢

感情や感覚、イメージ。センス。評判や人気。クリエイティブな分野での成功。タロットとは違い良い意味。

キーカード 評判、デザイナー、芸術家、美容、ダイエット

㉝鍵・・・解決のヒント、糸口、ヒント、重要なこと、安全

隣接カードが問題解決のヒントであることを示す。鍵=セキュリティの堅固さ、大切なものを守る。未来への扉を開く。

キーカード 問題解決のカギ、警備員、受験

㉞魚・・・財産、利益、豊か、所有、

お金全般。心や物質的な豊かさ。投資、事業や商売。お金を増やすために冒険をする。

キーカード 金運、金融関係、税理士

㉟錨・・・地に足を付ける、固定、安定させる

終着点、その場にとどまらせる。仕事や転職。下手に動かないほうがよい現状維持。結びつきやつながり。

キーカード 仕事運、同僚、職人

㊱十字架・・・重荷、犠牲、運命。

避けては通れない事や果たすべきこと。重荷や試練。

キーカード 宗教、宿命、転職

■スプレッド

①1枚引き

1枚引いてそのイメージで解釈します。1日~1週間くらいの占いに向いています。

②2枚引き

2枚引いて物語を読むように組み合わせで読みます。

③3枚引き

過去、現在、未来と設定して、物語を作るように読んでいきます。

または3枚すべてを組み合わせてコンビネーション・リーディングをしていきます。

1週間~1か月くらいの目安

④9枚引き

上下左右のコンビネーションリーディングは、グランタブローでも大いに役立つ読み方です。

真ん中にキーカードまたは人物カードをセットして、その周囲に並べたカードを組み合わせて読んでいきます。

1か月~数か月くらいの目安 


(図形は後日更新します)

左列から

過去 現在 未来 

原因 質問者の立場 結果


上段

精神

表向き 宿命 目標や理想 願望

表面心理 トラウマ 外見や印象 今後の計画

希望、願望 他者の影響 顕在意識


中段

中間意識 経験 本人カード 未来の出来事

今の状況 原因 または 行為

質問者の考え方 執着 キーカード 対策


下段

物質 現実、実績

潜在意識 発端の事柄 内面 実現する力

本心 周囲や環境 コンプレックス 成長

心に及ぼす影響 物質

④グランタブロー

36枚すべてを使用して詳細を読み解くルノルマンカードの真骨頂

基本的には③の9枚読みの応用。

横9枚x縦4枚、または横8枚x縦4枚、一番下に4枚、の2種類の置き方がある。

(私は前者を愛用しています)

まず、本人カードとキーカードを選んでおきます。

キーカード周辺がその事柄の過去から未来を表しています。

本人カードの顔の向きから何を求め(向いているほう)、何を拒んでいるか(背を向けているほう)を読みます。

半年~1年くらいの目安

左が過去、右が未来

特に人物カードやキーカードに隣接しているカードを強く読む。

【ピンカード】

四隅のカードはピンカードといって、全体像のヒントやアドバイス

■端に本人カードが出た場合

上 現実だけでいっぱいいっぱい

下 夢と計画ばっかり

左 過去よりも未来が重要、または過去は捨てたほうがいい

右 重要なポイントは過去にあり、過去を清算し乗り越える必要がある

グランタブローには以下の読み方もある。

・ルート・グランタブロー

現在の自分(淑女)からキーカードまでの間何枚カードがあるかルートを見ると今後の流れがわかります。

本人カードから目的カードがどれくらい離れているか、それまでの道筋を読みます。

近いほど好調、遠いと叶えるのに時間がかかる

恋愛で人物カード同士が背を向けている場合は近くてもお互いが見えていないと読む

・ハウス読み

その1

本来のカードの場所の意味することが、現在どういう状況なのか、置かれたカードで見る方法

その2

ます淑女の場所を見て、その場所のカードを読み、次にそのカードが本来ある場所を見てそこにあるカードを読み…

というのを6~7枚たどって読んでいく方法

■時期やキーナンバーを見る

ルノルマンについている数字は時期を見ることができます

たとえば騎士(1)が出たら

1日後

1週間後

1か月後

1年後

または1が付く日(1日、11日、21日、31日など) どの年月の幅なのかは、読み手のセンスに委ねられます。


※随時更新していきます



おすすめ文献


「ルノルマン・カードの世界 」桜野カレン (著), 伊泉龍一 (著),

カード付、美しい想定でわかりやすい解説だが、ワンオラクルからグランタブローまでのスプレッドの説明が非常に詳細でいて明快。

各カードの組み合わせコンビネーションリーディングの一部紹介や豊富なキーワード逆引き辞典もあり、初心者からプロまで納得の一冊


「秘密のルノルマン・オラクル」鏡リュウジ

日本でのルノルマンブーム火付け役のルノルマン専門書の走り。(だったと思う)

カート付き。シンプルでわかりやすい解説で占い初心者にもやさしい。入門編。


「ラーニング・ルノルマン」マーカス・カッツ (著), タリ・グッドウィン (著), 伊泉 龍一 (翻訳), 七海 くらら (翻訳)

非常にボリュームがある読み応えのある一冊。実占や展開後のリーディングに重きを置いた丁寧な解説の例題豊富。グランタブローをとことん練習できる。カード同士のコンビネーションリーディングの例題が豊富。

翻訳本なので日本語の文脈が時折いわゆる翻訳した日本語な部分もある(個人の感想です)。

0コメント

  • 1000 / 1000